2018年の操法物語

石川県ポンプ車操法大会

野町分団 敢闘賞獲得スル

 7月28日、石川県消防学校で石川県ポンプ車操法大会が開催されました。幸い、季節外れの台風のコースから外れて、開催できました。また、それほど気温は上がらず、時々涼しい風も吹くほどの絶好の日和となりました。

 私たち、金沢市第一消防団の代表の野町分団は善戦健闘して、敢闘賞を獲得しました。また、金沢市第二消防団の代表の大浦分団も敢闘賞を獲得しました。

めでたし、めでたしであります。


野町分団のみなさん、そして選手のみなさん、そして、家庭を守る奥さん。今年の操法はやっと終了しました。ホントに長い、暑い操法でした。第一消防団のために、長い操法の練習を本当にありがとうございます。ご苦労様です。

 

そして、敢闘賞をとることができたことは実に素晴らしいと思います。十分に次につながる敢闘賞であると思います。本当に良かった。

 

今年は、野町分団は、分団長と黙々と動く役員の中で、指揮者の野々市君がベテランの坂君、水島君、中谷君をひっぱり、そこに若い松村君が入って、いいハーモニーができてきたと思っています。最後は今年も素晴らしい雰囲気が出てきたと感じました。

 

また、今日も谷本知事がおしゃっていましたが「野町はすごい」といつも言っていただきます。町の中心部の分団がよく頑張っているということです。この力の源は後援会や町会の皆様のお蔭であります。野町分団の後援会や地元の町会の皆様には本当に野町分団にいつも、ご支援を賜り、誠にありがとうございます。このお返しとして、野町分団は野町弥生地区の防災に、さらにまい進していただきたいと思います。

 

そして、この敢闘賞受賞に対して、消防局、中央署には、操法の指導に対して、大変なご協力をいただきました。たくさんの署員の方にご協力いただきありがとうございます。特に、操法の指導の担当者の塚原、大谷、山田、山崎、玉井さんには、暑い中を、夜遅くまでご指導をいただきました。格別に感謝を申し上げます。敢闘賞有難うございました。

 

最後に、野町分団の家庭を守る奥さんには、特にご協力を頂きました。旦那様には操法に力を入れてきましたが、今日からはまた、家庭のこと、仕事のことに十分に戻りますので、どうか、手綱をしっかりと締めてください。よろしくお願いいたします。有難うございました。

 

 

野町分団さんには、この夏、大いに楽しませて頂きました。ありがとうございます。感謝します。

 

野町分団は県大会へ向けて練習

猛暑の炎天下の中、約1カ月にわたる練習を行いました。選手はこの暑さに疲労はあるでしょうが、県大会に悔いを残さないように、懸命の練習が行いました。そして、いま県大会を迎えようとしています。野町分団に幸運がありますように。

 


金沢市操法大会

 安定した力を発揮して野町分団が3年ぶりに優勝しました。ここ5-6年、たいへん素晴らしい操法をし続けている野町が、その実力を十分に発揮したといいますか、実力を見せつけました。また、犀川、三馬、米丸の各分団は練習も熱心であり、素晴らしい操法でしたが、安定感では野町にかなわなかったということだと感じました。

 また,田上、長町、医王山の各分団は大変良い操法ができ、これを伝統として、さらに来年につないでいってほしい。そして、最下位の富樫分団は以前に優勝をしたこともある分団であり、来年はぜひとも、リベンジをしていただきたい。

十一屋分団


新竪分団


菊川分団


石引分団


長町分団


材木分団


米丸分団


富樫分団


大変天気の良い中に、金沢市の大会が行われました。十一屋分団より、順次行いました。これまでの練習の成果を十分に発揮できたでしょうか。

公式練習会が始まりました。

 

中村分団 6月5日

昨年の6位の分団。やはり、実力がしっかりと備わっています。指導員曰く、ホース投げの基礎がしっかりとしているということです。基礎を身に着けることがやはり大事です。


 

犀川分団 6月5日

昨年の優勝分団。メンバーは少し変わっていますが、分団の持っている伝統的な強さが存分に見られます。県大会の練習で得られたノウハウを次の選手にしっかりと伝えていっているのが強み。


 

医王山分団 6月5日

近年になく、充実しています。昨年も好成績ですが、団員の若返りもあり、練習に迫力を感じます。怪我に注意しながら、上昇できれば、かなり期待できそう。


 

米丸分団 6月5日

操法には、見事に安定した実力をつけた分団です。一昨年の県大会での敢闘賞が実績となり、自信となり、着実に前進中です。


 

菊川分団 6月4日

早朝から晴れて、素晴らしい天気ですが、百万石明けの早朝練習は厳しい。やっと、私は訓練場に到着すると、公式練習はもう始まっていました。緊張感が漂っていました。好調の菊川分団は今年はどうまとめていくか、見どころであります。


 

石引分団 6月4日

菊川分団と同じく早朝練習中。昨年から急上昇中で団員の士気は上がっているので、これからさらに上昇していくことを期待。


NEW

 

   お問い合わせは

 〒921-8042

  金沢市泉本町7-9-2

金沢市第一消防団 団本部

 

加賀鳶はしご登り
加賀鳶はしご登り
新ポンプ車入魂式
新ポンプ車入魂式
日本一高いはしご車
日本一高いはしご車
ヘリコプターによる救助
ヘリコプターによる救助
加賀鳶の纏は金沢マラソンにも登場
加賀鳶の纏は金沢マラソンにも登場
ひゃくまんさん
ひゃくまんさん
まといは分団のシンボル
まといは分団のシンボル
金沢子どもはしご登り「よっー!大統領」いえいえ、違います。この方は「次代のファーストレディ」です。
金沢子どもはしご登り「よっー!大統領」いえいえ、違います。この方は「次代のファーストレディ」です。
加賀鳶裸放水ー出初式
加賀鳶裸放水―出初式
新幹線の見える丘公園 in 津幡町
新幹線の見える丘公園 in 津幡町
2015年3月14日開業
2015年3月14日開業