金沢市消防団の歴史をお伝えします。加賀鳶の歴史と心意気をひも解きながら、未来の子供たちに伝えていきたいと存じます。

 

子どもはしごの纏
子どもはしごの纏
背亀の演技
背亀の演技
子どもはしご教室
子どもはしご教室

金沢市消防団の歴史

金沢市消防団の起源

享保3年(1718)八代将軍徳川吉宗が防火体制強化を図るため、「町火消し」組織化されるが、それよりもはるか59年前の万治2(1659)にすでに、金沢では18組の「町火消し」が組織された。この「町火消し」は一町30名から50名で組織されていて、10人ごとに梯子や鎌、熊手などの消火資材を持っていたという。これが金沢市消防団の起源といわれている。

大名火消しの加賀鳶

明治2(1869年)加賀藩が廃止され金沢藩になると同時に、江戸の「大名火消し」のいわゆる加賀鳶38名が金沢に移り、金沢の「町火消し」とともに255名で常備制の公設消防組(一番手組、二番手組、三番手組)が組織される。しかしながら、わずか2年後には廃藩置県と同時に公設消防組が廃止されることになる。これに危機感を持った住民が自衛のために私設消防組を組織、最盛期には20組を数える私設消防組が金沢に存在するようになった。その後、明治15年(1882年)には消防が制度化され、私設消防組が解体して公設消防組として再編された。

さらに明治28年(1895年)消防組は金沢第一から第七消防組に再編され、第一から第四消防組が西警察署(現在の中警察署)、第五から第七消防組が東警察署管轄となる。 

百万石まつり
百万石まつり
市役所前の演技
市役所前の演技
加賀鳶はしご登り
加賀鳶はしご登り

金沢市警防団結成そして消防団が組織される

昭和23年3月製図の長町分団の区域図
昭和23年3月製図の長町分団の区域図

昭和14年(1939年)には金沢市消防組と金沢市防御団が合併して、金沢市警防団となり、金沢市第一警防団、第二警防団、第三警防団が組織され、広坂警察署(現在の中警察署)、玉川警察署(現在の東警察署)そして金石警察署(現在の西警察署)にそれぞれ置かれた。

昭和22年(1947年)消防団令の施行により、金沢市警防団が解体されると同時に金沢市消防団が組織される。翌23年には消防組織法の施行により、消防行政が警察行政から分離独立し、常備消防と消防団の現在の組織体系となった。

 昭和37年(1962年)に森本町が金沢市に編入されて、現在の第一消防団20分団、第二消防団21分団、第三消防団8分団の合計49分団となり、現在に至っている。また、平成18年(2006年)には女性消防団員を採用し始めた。

  

消防団に対する市民の要望はますます高まっています。私たち消防団員は、金沢市消防団の長い歴史と加賀鳶の心意気を忘れずに、一人一人自己研さんに励み、49の分団のそれぞれの団員が一致団結し、金沢市の消防、防災に貢献していく所存であります。どうかよろしくお願いいたします。

 

緊張の背亀の演技
緊張の背亀の演技
ミス百万石
ミス百万石
成谷金沢市第一消防団副団長
成谷金沢市第一消防団副団長

NEW

 

   お問い合わせは

 〒921-8042

  金沢市泉本町7-9-2

金沢市第一消防団 団本部

 

加賀鳶はしご登り
加賀鳶はしご登り
新ポンプ車入魂式
新ポンプ車入魂式
日本一高いはしご車
日本一高いはしご車
ヘリコプターによる救助
ヘリコプターによる救助
加賀鳶の纏は金沢マラソンにも登場
加賀鳶の纏は金沢マラソンにも登場
ひゃくまんさん
ひゃくまんさん
まといは分団のシンボル
まといは分団のシンボル
金沢子どもはしご登り「よっー!大統領」いえいえ、違います。この方は「次代のファーストレディ」です。
金沢子どもはしご登り「よっー!大統領」いえいえ、違います。この方は「次代のファーストレディ」です。
加賀鳶裸放水ー出初式
加賀鳶裸放水―出初式
新幹線の見える丘公園 in 津幡町
新幹線の見える丘公園 in 津幡町
2015年3月14日開業
2015年3月14日開業