加賀鳶はしご登りに欠かせないのは「加賀鳶木遣りくずし」の歌であります。この歌声の中で演技を行います。大きな声を張り上げて歌ってください。 加賀鳶の心意気がよみがえってきそうです。

加賀鳶木遣り隊
加賀鳶木遣り隊

加賀鳶木遣りくずし 歌詞


 1. ハァーエー 加賀の鳶(とび)だよ 百万石の
   纒(まとい)振るにも 火柱(ひばしら)こえて
   男伊達(おとこだて)なら 命をかけて エンヤラヤ
   サノ ヨーイサ ヨイヤナ エンヤラヤレコノセ
   サノセ アレワサ エンヤラエー


 2. ハァーエー 襟(えり)にゃ加賀鳶(かがとび) 出初めの時は
   勇(いさみ)裸に 梯子(はしご)を立てて
   夢の枕や あら吹き流し エンヤラヤ
   サノ ヨーイサ ヨイヤナ エンヤラヤレコノセ
   サノセ アレワサ エンヤラエー


 3. ハァーエー 加賀の華だよ 知らせの半鐘(はんしょう)
   ジャン ジャン ジャン と鳴りゃ 纒(まとい)を持ちて
   梯子(はしご)・鳶口(とびぐち) 気合を揃そろえ エンヤラヤ
   サノ ヨーイサ ヨイヤナ エンヤラヤレコノセ
   サノセ アレワサ エンヤラエー


 4. ハァーエー 木遣音頭(きやりおんど)に 三団揃(さんだんそろえ)
   祝い祭りや 百万石の
   心あわせて 火事場(かじば)の守り エンヤラヤ
   サノ ヨーイサ ヨイヤナ エンヤラヤレコノセ
   サノセ アレワサ エンヤラエー

百万石まつりの木遣り隊
百万石まつりの木遣り隊
木遣り隊の合唱
木遣り隊の合唱

 

      加賀藩では、江戸における5代藩主綱紀のときに防火組織が強化され、藩主の火消し役のほかに92人のとび職を雇って消防隊員とした。加賀藩が有名になったのは、享保3年(1718)12月3日江戸本郷弓町の大火の時、幕府の定火消し役の仙台兵庫の鳶と、火口の先陣争い大喧嘩になり、江戸町奉行大岡越前守らの裁きで加賀鳶が勝ったという。後に江戸火事場を守っていたのが加賀藩で、その江戸屋敷に詰めていた鳶たちが江戸末期~明治初期に流行した「江戸木遣り」を覚え、故郷の金沢に持ち帰り、唄ったのが、この唄で東北では「七之助音頭」や「相馬土搗き唄」等として広く知られる。この唄のルーツは、伊勢神宮の遷宮式に唄われた「木遣り唄」で格調高く全国に広く分布し、「祝い唄」や「土搗き唄」「祭り唄」等にも転用され、伊勢信仰の流布に預かった神人や大神楽、願人坊主たちの手による伝播もあって、各種の芸能の中に入り込んでいった。曲は「江戸木遣りくずし」を転用している。

 

(加賀山昭編「全楽譜・北陸の民謡集」から引用抜粋)

NEW

 

   お問い合わせは

 〒921-8042

  金沢市泉本町7-9-2

金沢市第一消防団 団本部

 

加賀鳶はしご登り
加賀鳶はしご登り
新ポンプ車入魂式
新ポンプ車入魂式
日本一高いはしご車
日本一高いはしご車
ヘリコプターによる救助
ヘリコプターによる救助
加賀鳶の纏は金沢マラソンにも登場
加賀鳶の纏は金沢マラソンにも登場
ひゃくまんさん
ひゃくまんさん
まといは分団のシンボル
まといは分団のシンボル
金沢子どもはしご登り「よっー!大統領」いえいえ、違います。この方は「次代のファーストレディ」です。
金沢子どもはしご登り「よっー!大統領」いえいえ、違います。この方は「次代のファーストレディ」です。
加賀鳶裸放水ー出初式
加賀鳶裸放水―出初式
新幹線の見える丘公園 in 津幡町
新幹線の見える丘公園 in 津幡町
2015年3月14日開業
2015年3月14日開業