加賀鳶発祥301年目の心意気  金沢市第一消防団

金沢の安心と安全を心から支えていきます

●姉妹都市フランスのナンシー市での加賀鳶披露      2018年12月1日


金沢市第一消防団

金沢市第一消防団とは

 金沢市の消防団は第一消防団、第二消防団そして第三消防団と3っの消防団からなっています。分団数は全部で49ありますが、そのうち20の分団が金沢市第一消防団に所属しています。そして第一消防団本部はその20の分団をまとめています。金沢市第一消防団をご紹介します。

第一消防団の管轄地域

 金沢市第一消防団の管轄地域は、金沢市の中心部および中心部から南部そして東部の山側を管轄しています。分団数は20で、約400人を超える分団員で構成されています。詳細は第一消防団の20分団紹介をご覧ください。火災や水害などの災害に対して、昼夜を問わず出動し、市民の生命と財産を守るボランティアです。日頃は商店主、大工、板金などの加工、サラリーマンなどそれぞれに仕事を持っていますが、いざと言うときには出動します。出動はたえず危険がつきものですので、日頃は訓練することと、団結することを一番大切に活動しています。また、女性団員も第一消防団に8名います。

●金沢市女性消防団員によるハンドベルの演奏      2017年12月21日


●飛び火防御訓練・・・水のカーテン            2017年12月16日

放水銃15台とはしご車2台による、水のカーテンによる飛び火防御訓練です。

●加賀鳶の練習風景

「品位」と「チームワーク」と「安全」を活動指針として

 金沢市第一消防団の活動指針は「品位」「チームワーク」と「安全」であります。

 まず、「品位」です。第一消防団員として、地域を守るリーダーであると自覚し「品位」「格式」を頑張って守り、自分の欲望になんとか打ち勝っていきたいと思います。特に近年は「飲酒運転撲滅」を大きな目標としています。ぜひとも徹底していきたいと考えています。

 2っ目は分団員を同じ志を持った同志として尊重し合い、互いの気持ちを察し「チームワーク」を大切にしたいと思います。火災や水害は、命がけのボランティアになりますので、分団員の連携と団結は大事であります。

 3っ目は「安全」です。東日本大震災では253名もの消防団員が殉職されました。まず自分の安全をしっかりと確認して、装備と安全確保を考えてから、消防活動にあたることです。消防活動に際して、消防団員が事故にあい、救急車を呼んで迷惑をかける訳にはいきません。

●日頃の活動写真




救急救命指導の女性団員(片町ホコテン)
救急救命指導の女性団員(片町ホコテン)
火災出動
火災出動
片町ホコテンポンプ車乗車体験
片町ホコテンポンプ車乗車体験
火災出動
火災出動

操法県大会
操法県大会
こども梯子の練習
こども梯子の練習

百万石まつり
百万石まつり
遭難者捜索活動
遭難者捜索活動

中央消防署・中警察署と協力しながら

 通常はそれぞれの自分の仕事をしていますが、出動となるとその仕事をいったん中断して、消防分団員となり活動します。火災や水害、救助、行方不明者捜索など出動は多彩であります。あらゆる場面で、金沢市中央消防署と共に活動し、プロの集団として互いに協力して、迅速に安全に市民の生活を守ることを目指し消防活動をします。

 また、中警察署とも連絡をさらに緊密にとりながら、消防と警察の両面から、金沢市民の安全と安心の負託にお応えするように努力しています。

初任者研修会
初任者研修会
分団員の献血奉仕活動
分団員の献血奉仕活動

平成31年度の目標は分団のさらなる防災力の強化

  新潟県糸魚川市で木造建築の密集地で大火があったことは昨日のように思います。金沢市には同じように木造住宅の密集地はたくさんあり、また、フェーン現象で乾燥した暖かい強風の吹く日がよくあります。糸魚川市の大火を教訓として、さらに防災体制を見直していきたいと考えています。

 20の分団が、中央消防署と協力しながら、また、それぞれの地域の町会の方々と親密な協力関係を持ち、地域の消防意識を高めながら、さらに地域としての消防力を強化していきたいと思います。

 また、消防団員の研修にさら成る訓練をしたいと思います。具体的には、初期消火力、飛び火対策、大型化した火災の対策などを重点的に訓練していきたいと思います。

 また、昨年に引き続き、消防無線の使い方をさらに勉強して、災害時の分団相互やまた分団員相互の連絡にもっと役立て、どんな災害にも強い防災力を発揮していきたいと考えています。

  さらに災害を未然に防ぐ、予防や啓発などに力を入れていきたいと思います。防災に対して、しっかり準備を怠らねば、必ず効果があり、防災力が強化されると思いますし、もし、災害があったとしても、最小限の被害で抑えることができると確信しています。

大桑防災拠点広場完成式
大桑防災拠点広場完成式
完成式で加賀鳶はしご演技披露
完成式で加賀鳶はしご演技披露

消防団員の福利厚生と献血などその他のボランティア活動にも参加

 一方、消防団員の消防年金への加入促進や健康診断への積極的な参加を働きかけ、福利厚生面でもさらに充実を図り、消防団の活性化につなげていきたいと存じます。また、石川県血液センターのご協力のもと、献血奉仕活動にも積極的に協力をしていきたいと存じます。

救急救命士講習会
救急救命士講習会
市長と握手 出初式にて
市長と握手 出初式にて
救急救命とAED
救急救命とAED
中警察署前で加賀鳶はしごのぼり披露
中警察署前で加賀鳶はしごのぼり披露

加賀鳶発祥301年の心意気を受け継いで

 金沢市消防団の分団員は加賀鳶はしご登り保存会の会員でもあります。石川県の無形文化財に指定されている「加賀鳶はしご登り」の心意気と技を伝承していきたいと考えています。さらに、「金沢子どもはしご登り教室」も運営しています。

 金沢市第一消防団では「加賀鳶はしごのぼり」の全分団での練習会を月1回行っています。また、その他に個別の練習会を実施している分団もあります。また、「金沢子どもはしご登り教室」は大体月2回、土曜日の夜に教室を開いています。

フランスのナンシー市での感動

 2018年12月にはフランスの姉妹都市であるナンシー市で加賀鳶はしごのぼりをご披露してきました。現地の皆様やボランティアの皆様の多大なご協力もあり、大変な喝采を受けることができました。これは加賀鳶の心意気と技の素晴らしさを、ナンシー市の皆様にご理解していただいたものと考えます。加賀鳶の心意気と技は世界に通用するものだと、加賀鳶に対しての自信が強く沸いてきました。

 今後さらに、心と技を磨いて、消防、防災に生かしていきたいと考えています。 どうかよろしくお願いいたします。

2017年度の金沢市第一消防団団本部員

金沢子どもはしご登り
金沢子どもはしご登り
纏は分団のシンボル
纏は分団のシンボル
お守りに安全を込めて
お守りに安全を込めて


中央署の署員の方には、いつも絶大なるご協力をいただき、厚く感謝しています。

 

   お問い合わせは

 〒921-8042

  金沢市泉本町7-9-2

金沢市第一消防団 団本部

 

加賀鳶はしご登り
加賀鳶はしご登り
新ポンプ車入魂式
新ポンプ車入魂式
日本一高いはしご車
日本一高いはしご車
ヘリコプターによる救助
ヘリコプターによる救助
加賀鳶の纏は金沢マラソンにも登場
加賀鳶の纏は金沢マラソンにも登場
ひゃくまんさん
ひゃくまんさん
まといは分団のシンボル
まといは分団のシンボル
金沢子どもはしご登り「よっー!大統領」いえいえ、違います。この方は「次代のファーストレディ」です。
金沢子どもはしご登り「よっー!大統領」いえいえ、違います。この方は「次代のファーストレディ」です。
加賀鳶裸放水ー出初式
加賀鳶裸放水―出初式
2015年3月14日開業
2015年3月14日開業